REGIEVO by Regius Evolution

STAFF BLOG

季節の変わり目も大活躍!フルシーズンで着られるコットンニットセーター

季節の変わり目も大活躍!フルシーズンで着られるコットンニットセーター

季節の変わり目は何を着ようか迷うことが多くあります。
特に、朝夕と日中の気温差も激しく屋外と室内の温度差も大きい冬から春への変わり目は本当に悩みます。また、気候的な状況とは違うベクトルで世の中が勝手に「春らしく」「秋らしく」なっていくのが困りもの。
例えば、ウールなどの季節感の強い素材や生地の厚さなど、気温にかかわらず、”着用にふさわしい時期“があり、これに気づかずいつまでも着続けていると、ある日周囲を見渡した時、自分だけが取り残されてることにふと気づきます。
私自信にもそういった経験がありますが、急に気恥ずかしく感じてしまうんですよね。

こういった自身の経験も踏まえながら導き出した解決策のひとつは、通年着用できる素材やデザインのベーシックなアイテムを揃えておくことではないかと思います。
具体的には、コットン素材のニットセーターはこれらの問題を解決してくれるアイテムのひとつです。トップスとして着られるうえ、外出時の気温に合わせてインナーやアウターを組み合わせれば季節感のズレを感じることは少ないですし、コットン素材は他の多くの素材とも相性が良いのでコーディネートがしやすいという柔軟性があります。

そんなわけで、この記事では季節をあまり意識することなく、通年でも着られるおしゃれなレジエボのコットンニットセーターについてのご紹介です。

インディゴ染めコットンニットセーター

レジエボのコットンニットはインディゴ染めが施されており、襟周りやや袖のリブ部分のアタリ感と全体的にムラのある長年着込んだような風合いが特徴で、胸に編み込んだジャガードのブランドロゴが程よくカジュアルな印象。インディゴは季節に関係なく着られる色なのも嬉しいですね!
編み方の工夫で袖周りのボリュームを抑えたスッキリシルエットは単独で着た時のシルエットの恰好良さはもちろんのこと、アウターを羽織った際に嵩張ってしまうこともありません。

コットン素材のトップスといえばトレーナーのようなカットソー生地がポピュラーですが、スポーツカジュアル色の強いファッションに向いています。
ニットの場合は上品で大人っぽいカジュアルスタイルとの相性がとても良いので、きれいめなアイテムと組み合わせてコンサバな着こなしになってしまうことが多いのですが、意外にも(?)ジョガーパンツのようなスポーツアイテムと組み合わせたトレンドの着こなしにも違和感なく使える器用さも持ち合わせています。
上下をカットソー生地のアイテムでコーディネートしてしまうと、どこか部屋着っぽくなってしまいますが、トップスをニットにすることで品の良さがグッと増します。これなら街着として胸を張って着られますよね!

他にも、インナーに白シャツやチェックシャツなどを組み合わせても良いですし、夏であればボトムをショートパンツにすることで、ナチュラルで涼しげな印象に。
また、着るだけではなく、Tシャツの上からの肩掛けや、腰巻でアクセサリー的に使うのも良いでしょう。

インディゴ染めコットンニットセーター

最後に、この記事で紹介したコットンニットセーターのお手入れについて注意点を少々。
インディゴ染のニット素材はデリケートです。普通に洗濯機で洗うと色落ちやダメージが出てしまいますので、他の洗濯物とは分けて優しく手洗いしてくださいね。また、洗濯後はハンガーに掛けず、置いた状態で日陰干ししましょう。型崩れや退色がしにくくなります。

この記事で紹介したコットンニットセーターは、奇をてらったようなデザインではなく、ロングライフで着ていただけるとてもベーシックなものです。デニム同様に、時間の経過とともにインディゴ染め特有の味わいや風合いが生まれてきますので、大切にケアしながら長く楽しんでいただきたい商品です。

SPECIAL CAMPAIGN

SPECIAL CAMPAIGN

<REGIEVO Original Mix Sound CD プレゼント実施中>
Coolなサウンドでイメージしたレジエボの世界観を、大人のビートで描いたREGIEVOオリジナルミックスサウンドCD第6弾。REGIEVO Official Online Shopで商品をお買い上げのお客様にプレゼント実施中!