REGIEVO by Regius Evolution

STAFF BLOG

エンボス生地が個性的な 美シルエットのMA-1フライトジャケット

エンボス生地が個性的な 美シルエットのMA-1フライトジャケット

ミリタリー系ファッションアイテムの筆頭とも言えるMA-1は、多くのブランドから様々な素材でデザイン展開され、季節を問わず年間を通じた人気があります。

フライトジャケットの最終形とも言われるMA-1は、元々、アメリカ軍のパイロットウエアとして開発され、高い高度の中で低温から体温を維持するためレザー素材を用いて作られていました。ミニマルなデザインは狭いコックピットの中での操縦をスムーズに行えるよう、無駄を削ぎ落としたことによって生まれたと言われています。
その後、動きやすさと軽量化をはかるための進化として、ナイロン素材を使用した現在の形に辿り着きました。まさにパイロットに最適な機能性を追求して生まれたヘビーデューティーなアイテムといえますね。いつの時代もMA-1が恰好よく見えるのは、そんなバックボーンがあるからかもしれません。

MA-1の魅力はミリタリーアイテム特有のハードな雰囲気と無駄を省いたシンプルなデザインにありますが、REGIEVOは単なるミリタリーアイテムのひとつとして捉えるのではなく、より現代的で都会的なスタイルを目指してブラッシュアップを重ねながらシーズンごとに新作をリリースしてきました。
その中でも、今秋発売された特徴的な凹凸加工のMA-1フライトジャケットはとても好評です。

一見するとハードで重そうな印象を受けるかもしれませんが、実は全くの逆で、とても柔らかくて驚くほど軽量。肌触りの良い表生地と、ふんわり肉厚な2種類の生地を張り合わせたボンディング生地を使用しています。中綿は入っていませんが、生地そのものにボリュームがあるので、防寒も心配いりません。

一般的なMA-1は全体のシルエットが丸みを帯びているのが特徴ですが、着方によっては太って見えてしまうことがあります。この欠点とも言える丸いシルエットを改良するために、肩の袖付けをセットインショルダー仕様にしました。セットインショルダーにすることで、袖が横方向ではなく縦方向に向くため、不必要な広がりを抑えることができるためです。また、身頃(胴周り)に切替えを施して立体感をもたせながら適度なシェイプを作り、ポケットをシームで隠すことで、すっきりとシャープなスタイルに。
独特なエンボス生地とスタイリッシュなシルエットで仕上げられたREGIEVOのMA-1は、他に類を見ない個性的な美しさが自慢です。

最後に、MA-1をイマ風に着こなすポイントに触れておきたいと思います。

まず、MA-1のコーデで最も重要なのは全体のシルエット。横方向にボリュームが出やすいアイテムですので、パンツはスキニーなどの細身のものを組み合わせて、メリハリを意識しましょう。ジョガーパンツとの相性も良いので、いまトレンドのアスレジャースタイルで着こなすのも良いかもしれませんね。

インナーは季節に合わせてTシャツやパーカー、ニットなどのアイテムを組み合わせると良いでしょう。このとき注意したいのは、インナーはMA-1の裾丈より長い丈のものを選ぶこと。これによって大人っぽい着こなしになります。

今シーズンも大人気のMA-1。多くのブランド、ショップが取り扱っていますが、REGIEVOのリリースしたMA-1はとても個性的です。他人とはひと味違うMA-1をお探しの方に、ぜひ手にとっていただきたい商品です。

なお、ショップ会員にご登録いただいたお客様は返品無料サービスの特典をお使いいただくことができます。試着のような感覚でお気軽にご利用ください。

掲載の商品を詳しく見る

REGIEVO Winter Sale
SPECIAL CAMPAIGN

SPECIAL CAMPAIGN

<REGIEVO Original Mix Sound CD プレゼント実施中>
名古屋のクラブシーンで活躍するDJ PASELI氏とKAI氏がプロデュースする、Coolなサウンドでイメージしたレジエボの世界観。大人のサウンドビートを詰め込んだREGIEVO オリジナルミックスサウンドCD第5弾。
REGIEVO Official Online Shopで商品をお買い上げのお客様にプレゼント実施中!
dj