REGIEVO by Regius Evolution

STAFF BLOG

ドロップショルダージャケットでキメる、きれいめな大人のルーズスタイル

ドロップショルダージャケットでキメる、きれいめな大人のルーズスタイル

これまで、ブログでも幾度となくお伝えしてきましたとおり、近年のトップスの傾向はルーズなビッグシルエットがトレンドです。
また、そういったアイテムの人気上昇に伴ってアウター類もドロップショルダーのようにゆったりしたシルエットのデザインが増えてきており、別の記事でもご紹介しました、ドロップショルダーのチェスターコートなどはその代表格といえます。

パーティーシーンにも着ていきたい!ちょっと大人のダブルチェスターコート


ほかにもMA-1タイプのブルゾンやGジャンなどもビッグシルエット化しつつあり、同様に人気の高まりをみせています。

このように、カジュアルアイテムを中心にビッグシルエット化された商品が増えてきている中、意外と少ないのがビッグシルエットのテーラードジャケットではないでしょうか。
ビッグシルエットのルーズな雰囲気を生かしながらカジュアルダウンしすぎず、きれいめな大人のスタイリングでまとめたい。そんなシーンにはREGIEVOのドロップショルダージャケットがおすすめします。

最も特徴的なデザインは、何といっても両肩が落ちるほどのルーズなシルエット。従来のテーラードジャケットとコートの中間のようなスタイルです。

着心地もゆったりしているため、厚手のインナーやビッグシルエットのトップスの上から羽織ってもスタイリングに違和感がでることはありません。例えば、不動の人気を誇る定番アイテム、パーカーやGジャンなどとの組み合わせも相性が良いので、ジャケットに合わせて新たなアイテムを買い足す必要のない方も多いはず。余計な出費をせず、ワードローブを有効活用できるのはとても魅力的ではないでしょうか。
薄すぎず肉厚すぎない裏地を省略した絶妙なボリュームの生地は、ロングシーズンで着ることを前提にした仕様。ある時はジャケットとして。ある時はオーバーコート風に。気候に合わせながらインナーを組み合わせて秋〜春のロングシーズンで着用することができます。

ポリエステル/コットン/テンセルで混紡されたボンディング生地は、柔らかな風合いとナチュラルな張り感が特徴的。生地素材の描くドレープやフォルムが美しいので、ルーズなシルエットにもかかわらず、どこか大人の雰囲気を漂わせながら、一方ではカットオフ仕様の衿や裾、パッチポケットなどの細かなディテールでのカジュアルダウンがバランス良くまとまった一着です。

最後に、組み合わせるボトムについてのポイントですが、上半身にボリュームのあるアイテムにはスキニータイプの細いボトムを合わせて全体を「Yシルエット」にするとバランスの良いスタイリングとなります。
また、カジュアル感と上品さを合わせもったジャケットなので、ボトムの組み合わせも幅広いアイテムから選ぶことができます。定番的な着こなしであれば無地のコットンやデニム素材のスキニーパンツを。他には、アスレジャースタイルの定番アイテム、トラックパンツ(ジョガーパンツ)との組み合わせて、トレンドを意識したコーディネートも良いのではないでしょうか。

SPECIAL CAMPAIGN

SPECIAL CAMPAIGN

<REGIEVO Original Mix Sound CD プレゼント実施中>
Coolなサウンドでイメージしたレジエボの世界観を、大人のビートで描いたREGIEVOオリジナルミックスサウンドCD第7弾。REGIEVO Official Online Shopで商品をお買い上げのお客様にプレゼント実施中!